02 トップが語るビジョントップが語るビジョン

小久保 歓(こくぼ よし)代表取締役会長

〜氷のごとく輝く会社に〜コクボは「環境の変化に対応」を通じて、「豊かな社会造り」に貢献します。

 小久保製氷冷蔵は創業以来「機構と構造の変革、意識と行動の変革」によって時代の背景や環境の変化に対応するため、ひとりひとりが知恵と知識を出し合う「考える仕事集団」になる事で企業として成長して参りました。ロックアイス®ブランドを中心に「氷が育む豊かな食文化の創造」を目指し、総合食品メーカーとして、さらに社会へ貢献できるように従業員一同取り組んでおります。
 人びとのくらしが多様化している中、「安全な商品を安心して食べたい」というお客様の品質に対する要求も、ますます高くなっています。当社ではトップブランドであるロックアイス®の製造・販売・物流のノウハウを活かし、各商品の品質を第一優先として取り組むほか、サービスの品質、業務の品質、そして人財の品質向上に注力しております。
 また、企業の品質向上に取り組み、様々なニーズに対して迅速かつ丁寧な対応を心掛けております。
 現在、長年培った冷凍技術で開発したロックアイス®や洋菓子をアジア諸国へ供給をしております。今後はMade in Japanの優位性を活かし、世界各国の食文化へ貢献できるグローバル企業になるべく、食を中心とした可能性を常に追求し、新たな価値を創造していきます。
 小久保製氷冷蔵はいつの時代も正道を歩むとともに、お客様をはじめ全てのステークホルダーの皆様に、信用・信頼される企業であり続けるよう努力し、世界の人びとの「くらし」に貢献して参ります。